毎日の日常の中で、「サイダー」の立ち位置って、なんなんだろう。興味無いって思える?「開発者」は、君にとってはなんの意味があるんだろう。

雷雲に隠れる滝と竜巻

毎日の日常の中で、「サイダー」の立ち位置って、なんなんだろう。興味無いって思える?「開発者」は、君にとってはなんの意味があるんだろう。

ページの先頭へ戻る

喜んで大声を出す彼と公園の噴水喜んで大声を出す彼と公園の噴水

とある晴れの日のこと、少年はママからおつかいをお願いされ、白菜とねぎと豚肉を買いにいく途中だった。
少年は喜んだ。
今日はおなべだ!やったぜ!…と。
しかし、彼への試練はその時起きたのである。
なんと、ポッケに入れていたはずのお使い用の千円札2枚が、ないのである!
少年はスーパーマーケットのレジの行列に並んでいる時、大丈夫だよね、とポッケの中に手を入れて確認してみたのだ。
そしてその瞬間、お金がどこにも無いことを知ったのである。
怒られるのを覚悟して、少年はしかたなく手ぶらで家路につくことにした。
今度から、お金は靴の中か靴下の中にしまおう。
少年はこぶしを握り締め、そう決意した。

喜んで口笛を吹くあなたと履きつぶした靴
海辺が大変近く、サーフィンのスポットとしてもすごく有名な場所の近所に住んでいる。
そうなので、サーフィンをしている人は非常に多く、出勤の前に朝はやくちょこっとでも波乗りに行くという方もいます。
そんなふうに、波乗りをする人が多数いるので、一緒にサーフィンに行こうと言われる方も非常に多かったのですが、絶対に断っていた。
それは、俺が、運動神経がにぶく、泳げないからです。
けれども、泳げなくても大丈夫だと言われ、やってみたけれど行った場所は初心者じゃない人がサーフィンするところで、テトラポッドが近くに置かれていて、波乗りのスペースがごく狭い場所でした。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

そよ風の吹く木曜の早朝はシャワーをそよ風の吹く木曜の早朝はシャワーを

久しぶりの地方への出張の時、初めて仕事で組んだAさんという年配の方は、怖そうな先輩だ。
初対面で会話をして以降厳粛で、仕事以外での会話は少ししかお話したことがなかった。
前回、なんとなくAさんの腕まくりした手首をみて驚いた!
大粒のパワーストーンブレスがいくつも目に入ったため。
咄嗟に、天然石好きなんですね!と出てしまったくらい。
そしたらAさんは得意げに、しかもやさしい顔で、ひとつひとつの石の名前を教えてくれた。

息絶え絶えで踊る母さんと夕立
息子の3歳の誕生日が近づいているので、プレゼントをどういったものにしようかを考えている。
嫁と話し合って、体で遊ぶおもちゃかためになるおもちゃか洋服や靴などにするかを決めようとしている。
考えるがなかなか決まらないので、実際に見て決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
けれど、子供に遊ばせてみたら、すぐに決めることができた。
すべり台に夢中だったから、それに決めた。
ただ、今のアパートが狭いので、場所をとらないコンパクトなものに決めた。
値段もなかなかリーズナブルだったので、助かった。

泣きながら踊る先生とオレ泣きながら踊る先生とオレ

有名芸能人がびっくりするほど突然引退するので、ネットやニュースでうるさいぐらい扱っていますが、めっちゃすごいですね。
1年ごとに変わる国の総理がどなたに決定するかという内容よりニュースでは番が前だったし。
どの政治家が日本の総理になろうが変化しないと考えるのもたいそういますし、それより、MCで有名な人が芸能界を芸能界引退というほうが影響がでそうなんですかね。

曇っている平日の午後に熱燗を
一昨日は、久しぶりに雨になった。
サビキ釣りの約束を仲間としていたのだが、雷がなっているので、さすがに危なくて行けそうにない。
確認したら、雨がやんだので、やはり行こうということになったのだが、釣りに行く道具の準備をして、行ってみたら雨が降ってきた。
次の機会にと話して道具をしまった。
明後日からは雨じゃないそうだ。
なので、今度こそ予定を立てて行ってみる。
次の機会にと言って道具をなおした。
明後日からは晴れが続くらしい。
なので、次こそ行きたい。

月が見える火曜の晩にビールを月が見える火曜の晩にビールを

此の程、お腹周りの脂肪を増やさない様にと考え筋トレを頑張っている。
娘を私の体の上にのせて数を声を出し数えながら腹筋を行っていたら、家族との遊びにもなるし、娘も数を覚えこむし、自分のぜい肉もそぎ落とされるし、一石二鳥だと思っていたら、最初のうちは、数を言いながらわが子もだれたのか、しなくなってしまった。

夢中で吠えるあの子と観光地
江國香織の本に表れる主人公は、誰も狂気に満ちている。
例えれば、落下する夕方の華子。
あと、きらきらひかるの笑子。
もう一つ上げると、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國香織の持ち合わせている性質を、極端にして表した形かもしれない。
一番クレイジーだと思うのが、神様のボートの葉子だ。
奇跡的に迎えに来る可能性もある「あのひと」を待ち、高萩や今市に引っ越しをする。
あのひとを絶対に忘れないよう、再び会えると確信して。
最後にはママは現実を生きていないと愛娘の草子に言われるが、彼女には全然響かない。
というのが、この本の接待的にクレイジーなところだ。
実際にウエハースの椅子にはなるべく座れないけれど神様のボートには乗りたい。
江國香織さんの書く、クレイジーでも美しくてちょっと病んだヒロインが大大大好きだ。

どしゃ降りの仏滅の明け方に熱燗をどしゃ降りの仏滅の明け方に熱燗を

1年前から、鹿児島に住むようになって台風の直撃を大変気にすることになった。
強さが全然違うからだ。
福岡に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるのだけれど、台風の風の強さが全然違う。
サッカーのゴールポストが転がっていくと聞いたときは、オーバーだと思ったが、現実だった。
風速がすごい台風が通った後は、ヤシや大きな木は道に倒れ、海の横の道路は海からのゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海沿いの家では、車のサイドミラーが破損したり、民家のガラスが破損し、天井が壊れたりと嘘だと考えていたようなことを見てしまった。
真上を通らずにかすめていくだけでも風は大変強く、古い家にいると家のきしむ音がとても心配してしまう。

控え目に跳ねる子供とわたし
「富士には月見草がよく似合う」と言うよく知られる名言を表したのは文豪の太宰治だ。
太宰治は、バスで、御坂峠を越えて、今の山梨県甲府市へ行く途中だった。
バスで偶然一緒に乗ったお婆さんが「あら、月見草」とつぶやく。
そこで、気付いた太宰の視界に入ったのが月見草、と、大きな裾野をもつ富士山だ。
富岳百景に記されたのこの部分は、日本一の名山を語るときに欠かせないと思う。
他にも文芸作品にも登場する、3776mの名山だ。
どこからどう見ても、同じく、美しい形をしているために、八面玲瓏という言葉が似合うと伝えられる。
その通りだと思う。
私が大好きなのは、雪をかぶった富士山だ。

Copyright (c) 2015 雷雲に隠れる滝と竜巻 All rights reserved.

●サイト内カテゴリ